イベント・観光

河内平野の水風景 企画展
【大阪府立狭山池博物館】

2020年9月16日

ボランティアの廣田様。
詳しい説明をお伺いすることが出来ました。

狭山池は飛鳥時代に誕生した日本最古のダム式ため池で、1,400年ものあいだ、南河内の台地を潤してきました。

今回の企画では
『河内平野の水風景』と題し、狭山池を基点として、古代から近世に至るまでの先人の治水と、灌漑の努力・水資源の大切さとその制御について、写真パネルで展示しています。また、水辺で活動する人々の姿を狭山池博物館ボランティアの視点で紹介しています。

私達の生活に欠かせない大切な『水』について、歴史と先人の苦労を知ることが出来ます。

2020年9月27日(日)まで特別展示室で開催中です。
入場無料

大阪府立狭山池博物館は、府立の博物館であるとともに、大阪狭山市立の郷土資料館としての機能を併せ持った施設でもあります。建築家・安藤忠雄氏設計の施設は、水と堤防を表現していて、圧巻の風景を楽しむことができます。

狭山池博物館へは当宿より車で約30分。

同じカテゴリの新着記事

    かんぽの宿 富田林へのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    0721-33-0700

    かんぽの宿 富田林

    住所:〒584-0053
    大阪府富田林市龍泉880-1
    FAX:0721-33-2435
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時