イベント・観光

ちょっと足を延ばして明日香村へ!【飛鳥寺】

2019年4月13日

ぽかぽか春の陽気に誘われ、奈良明日香村へ

飛鳥寺には複数の呼称があり、法号は「法興寺」または「元興寺」(がんごうじ)で、平城遷都とともに今の奈良市に移った寺は「元興寺」。『日本書紀』では「法興寺」「元興寺」「飛鳥寺」などの表記が用いられています。
蘇我馬子が建立した寺院と、その法灯を継いで飛鳥に現存する寺院「安居院」とを含め「飛鳥寺」と呼称し。国の史跡の指定名称は「飛鳥寺跡」です。

飛鳥寺(安居院)の本尊で、飛鳥大仏の通称で知られています。1940年に重要文化財に指定され、像高は約275.2センチメートル。

『日本書紀』『元興寺縁起』に見える、鞍作鳥(止利仏師)作の本尊像ですが、損傷が激しく補修されています。
お寺の大火を逃れ今の本堂に安置されました。

※ボランティアのガイドさんが、解かりやすく丁寧に教えてくださいます。

ぽかぽか、ほっこり、ゆったりした、奈良明日香村へお出かけいかがですか?
奈良明日香村へは当宿が便利です。

飛鳥寺

高市郡明日香村飛鳥682
TEL 0744-54-2126 

拝観時間
9時~17時30分
10月~3月は17時まで
※受付は各15分前まで

拝観料
個人
大人・大学生…350円
高校生・中学生…250円
小学生…200円

※当宿より車で約45分(南阪奈道路利用)

同じカテゴリの新着記事

    かんぽの宿 富田林へのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    0721-33-0700

    かんぽの宿 富田林

    住所:〒584-0053
    大阪府富田林市龍泉880-1
    FAX:0721-33-2435
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時