スタッフいち押し!

合格祈願!【南海電鉄 学文路駅】

2019年2月1日

こちらの地方では有名な、学問や受験合格にご利益のある珍しい名前の駅をご紹介いたします。

学文路と書いて「かむろ」と読みます。

名前の由来は・・・

南海鉄道が高野大師鉄道と大阪高野鉄道を合併した2年後、大正13年(1924)11月に開業。難読で知られる駅名は、高野詣りの宿場町として栄えた旧学文路村にちなんで付けられました。学問の神様・菅原道真公が祀られている学文路天満宮の最寄り駅で、昭和50年(1975)に「学問(文)の路に入るお守り」として入場券をPRしたところ人気を博し、昭和55年(1980)から受験シーズンに5枚セットで発売。「ご枚入り」「入場券」「学文路」の頭文字をつなぐと「ご入学」になることから、合格祈願の縁起物として好評を得ています。

学文路駅は無人駅です。
ご利益のある入場券は

【発売場所】
南海電鉄各駅(係員無配置駅など一部の駅を除く)

【発売期間】
2019年3月22日(金)まで

【発売額】
1部(5枚セット)750円

【学文路駅】
〒648-0043
和歌山県橋本市学文路361番地1

当宿より車で約40分
電車では近鉄富田林駅→南海・近鉄河内長野駅→学文路駅

学文路駅からさらに

学文路天満宮《下車徒歩約30分》へお参り・・・

学問の神様・菅原道真公を祀る「学文路天満宮」は、受験シーズンになると入学祈願にたくさんの参拝者が訪れます。学文路駅から国道370号線の平坦な道を紀伊清水駅方面へ歩き、大きな案内板を目印に柿畑の間を通って山手へ。山あいの静けさの中にたたずむ天満宮は、学力向上のほか、災害よけや厄除・良縁をさずける神としても知られ、受験生でなくても訪れたい場所。

【住所】 和歌山県橋本市南馬場821

受験生の皆さま、お子さま、お孫さまの為に、この時期大勢の方が参拝されます。

同じカテゴリの新着記事

    かんぽの宿 富田林へのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    0721-33-0700

    かんぽの宿 富田林

    住所:〒584-0053
    大阪府富田林市龍泉880-1
    FAX:0721-33-2435
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時