イベント・観光

朝熊岳金剛證寺

2021年6月20日

伊勢神宮の鬼門を守る寺

池の睡蓮の数百株の花が見頃を迎えます。
2021年6月27日~29日「開山忌」が執り行われます。

仁王門/画像提供「朝熊岳金剛證寺」

昔より伊勢神宮の鬼門を守る寺として、神宮の奥之院とも言われる朝熊岳金剛證寺は、
朝熊山の山頂にある古刹です。
欽明天皇治世の頃、暁台上人によって開かれ、平安時代に弘法大使(空海)によって
建立されました。

「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と伊勢音頭にも唄われてきました。
江戸時代にブームとなった「おかげ参り」で伊勢神宮に参拝する人々は朝熊岳金剛證寺にも
参詣するのが常でした。

境内にある、弘法大師が掘られたと言われる『連間[つれま]の池』の数百株の睡蓮の花が
もうすぐ見頃を迎えます。
毎年、開花シーズンの6月下旬~8月下旬は幻想的な雰囲気に包まれます。

[左]連間の池、[右]塔婆供養/画像提供「朝熊岳金剛證寺」

金剛證寺の中興開山の祖・仏地禅師の命日(6月29日)に師を偲ぶとともに、
新亡(この1年に亡くなった親族)や先祖の塔婆供養と野上がり神事及び五穀豊穣を願う「開山忌」が
毎年6月27日から29日の3日間、執り行われます。
伊勢志摩では親族が亡くなった際、ほとんどの方が金剛證寺へ塔婆供養に訪れる風習があります。

6月27日(日)、28日(月)の2日間は早朝営業となり、5時~19時になります。

詳しくは下記のリンクからご確認ください。

【朝熊岳金剛證寺】
〒516-0021 伊勢市朝熊町548
[TEL] 0596-22-1710

[本堂拝観時間]9:00~15:45
[アクセス]
伊勢自動車[伊勢西IC]から伊勢志摩スカイラインへ(車で約20分)

手指の消毒・マスクの着用など、感染予防対策にご協力くださいますようお願いいたします。
感染リスクを避けるため旅エチケットを心がけ、密にならないようご利用ください。
新型コロナウイルス感染拡大状況の影響を受け、臨時休業・拝観時間が変更になる場合がございます。

同じカテゴリの新着記事

    かんぽの宿 鳥羽へのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    0599-25-4101

    かんぽの宿 鳥羽

    住所:〒517-0021
    三重県鳥羽市安楽島町1200-7
    FAX:0599-25-3901
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時