イベント・観光

石水博物館「川喜田半泥子の秋」展
開催中

2019年10月17日

「川喜田半泥子」をご存じですか?

津市にある石水博物館は川喜田久太夫(号:半泥子)が
昭和5年に社会福祉活動の拠点として設立した
財団法人石水会館を母体としています。

江戸大伝馬町に伊勢商人として200年以上の老舗ある大店を
構えた豪商の長男として生まれた半泥子は
1歳で家督を相続し、祖母らから厳しい教育を受け
禅の精神から強靭な心身を会得し、大商家の当主として、
また、百五銀行第六代頭取、他数々の企業の要職をこなしました。
半泥子は多忙な日常において、書画、茶の湯、俳句、写真など
多彩な才能で、いずれも風雅に興じましたが
とくに陶芸の才能は破格でした。
北王子魯山人や中里無庵など名立たる陶人たちと交流を持ち
趣味の域を超え、高い評価を受けています。

半泥子の号は禅の師の命名で
「半(なか)ば泥(なず)みて半ば泥まず」
と言う意味です。

画像提供「石水博物館」

<川喜田半泥子の秋展> ~12月28日(日)まで
秋に生まれ、秋にこの世を去った半泥子は
秋に因んだ作品が最も多く見られます。

登録有形文化財になっている自宅の千歳山荘の
木々の色づきとともに、秋をテーマの数々の作品が
ご覧になれます。

[開館時間] 10時~17時
[入館料](20名以上の団体料金あり)
一般 500円/高校生以上の学生 400円
[休館日] 毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)
(11月4日は開館・11月5日は閉館です。)

〈イベントのご紹介〉
・記念講演会 10月19日(土)先着150名様/無料
 三重県立美術館 講堂(津市大谷町11)
 講師:河野元昭氏(静嘉堂文庫美術館長)
 石水博物館までお電話でお申し込みください。

・呈茶会 11月30(土)・ 12月1日(日)
 石水博物館 2階 目的室 先着30名様
 料金500円(別途、入館料が必要です。)
 立礼席(椅子席)ですからお気軽にご参加ください。

・ギャラリートーク 11月24日(日)14時から30分ほど
 石水博物館の学芸員が展覧会をご案内します。
 申込みは不要です。参加費は無料ですが、入館料が必要です。

【公益財団法人 石水博物館】
〒514-0821 三重県津市垂水3032番地18
TEL 059-227-5677

同じカテゴリの新着記事

    かんぽの宿 鳥羽へのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    0599-25-4101

    かんぽの宿 鳥羽

    住所:〒517-0021
    三重県鳥羽市安楽島町1200-7
    FAX:0599-25-3901
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時