季節のお便り

ロビーに響く鈴の音

2016年9月6日

鈴虫

 9月に入って夏の終わりを感じはじめ、秋が近づいてきています。
現在 当宿では秋を感じられる風物詩として、鈴虫をロビーのエレベーター前に展示しております。

夜行性のため日没頃から鳴き始め、ロビー内に「リィ―ン…リィ―――ン……」と涼しげな音を響かせてくれます。

鳴いている様子

 鈴虫について調べてみると、日本最古の和歌集である万葉集に虫の鳴き声を愛でる句があり、日本人との長い関わりが感じられます。
ただしこの時代は松虫、鈴虫、くつわ虫といった「秋に鳴く虫」を全て蟋蟀(コオロギ)と一括りにしており、もう少し時代が進んで平安時代中期から貴族間で虫の鳴き声を分類して聞き分けるという遊びができたそうです。

余談ですが、多くの地域および童謡では「リーンリーン」と鳴くのが鈴虫、「チンチロリン」と鳴くのが松虫とされていますが、それぞれ逆の名称で認識されている地域もあるそうです。

カテゴリ一覧

同じカテゴリの新着記事

かんぽの宿 大和平群へのお問い合わせはこちら

インターネットでの
お問い合わせ・資料請求

ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

かんぽの宿 大和平群

住所:〒636−0905
奈良県生駒郡平群町上庄2-16-1
FAX:0745-45-0353
チェックイン:15時
チェックアウト:10時