季節のお便り

春のおとずれ

2016年3月17日

当宿の玄関横に植えてある季(すもも)の花が満開になりました。
よくお客さまにあの木は何の木?とのご質問をいただきます。
春を代表する「桜」と「梅」と「桃」「李(すもも)」は見分けが難しいようです。

日本には、桜梅桃李(おうばいとうり)という言葉がありますが、この言葉は4種まとめてということではなく、『それぞれの花にはその花独自の味わいがある』ということの例えといわれているそうです。
似ているけど、それぞれに味わいがあるということなんですね。

品種により変わる場合もあるようですが、違いを調べてみました。

花びらの先が分かれているのが「桜」
花びらの先が丸いのが「梅」
花びらの先が尖っているのは「桃」
花びらが基本的に白いのが「李(すもも)」

花が枝からこぼれるように咲いているのは「桜」
花が枝にくっついているものは「梅」か「桃」
花が枝に3個~5個ついているのは「李(すもも)」

横縞模様と艶がある幹は「桜」
割れてザラザラした感じ不揃いでゴツゴツしている幹は「梅」
斑点模様の幹は「桃」
幹の表面はデコボコしているのが「李(すもも)」

見分け方も様々のようです。

当宿には、「桜」「梅」「李」の木がございます。

お時間ありましたら是非当宿にお越しいただき、見比べてみてくださいね。

桃の木 2016年3月17日撮影

桃の木 2016年3月17日撮影 満開です

カテゴリ一覧

同じカテゴリの新着記事

かんぽの宿 大和平群へのお問い合わせはこちら

インターネットでの
お問い合わせ・資料請求

ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

かんぽの宿 大和平群

住所:〒636−0905
奈良県生駒郡平群町上庄2-16-1
FAX:0745-45-0353
チェックイン:15時
チェックアウト:10時