季節のお便り

今年もボケ、サンシュの花が咲きました

2019年3月15日

当宿のサンシュ(木瓜)とボケ(山茱萸)の花が今年も咲き始め、庭が華やかになって来ました。

どちらも春を呼ぶ花で、脇役ながら美しい花を咲かせるボケとサンシュを紹介します。

レストラン窓側からご覧いただけます。

〇ボケ〇
平安時代頃より日本で愛されている花。木瓜(ぼけ)という名前の由来は、一説には花が終わって実らせる実が瓜に似ているため、木に実る瓜に由来したと言われています。

もちろんウリ科の植物とは別ものです。

当初は木瓜(もけ)と呼ばれ、その名が変わって行き、ボケになったそうです。

〇サンシュ〇
漢名(中国名)の「山茱萸」をそのまま音読みしたものです。

茱萸とは「グミ」のことで、すなわち「山のグミ」の意味。
果実が茱萸に似ていることからこの名前になったとされています。

花言葉は「持続」「耐久」「強健」・・・薬用植物として名高いことから、健康や滋養強壮に関連するイメージの花言葉がついたと考えられます。

カテゴリ一覧

同じカテゴリの新着記事

かんぽの宿 富田林へのお問い合わせはこちら

インターネットでの
お問い合わせ・資料請求

ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

かんぽの宿 富田林

住所:〒584-0053
大阪府富田林市龍泉880-1
FAX:0721-33-2435
チェックイン:15時
チェックアウト:10時