イベント・観光

鳥羽恐竜展

2020年10月18日

門野幾之進記念館1階に移転し、
リニューアルオープン

1996年に鳥羽で発見された「鳥羽竜」
入館無料で常設展示中

画像提供「鳥羽恐竜研究振興会」

鳥羽市内の海岸の岩肌から化石が発見された通称[鳥羽竜]にまつわる資料を公開している
「鳥羽恐竜展」が入館無料で常設展示されています。
鳥羽市の資料館「門野幾之進記念館」の1階に移転し、リニューアルオープンしました。

「なぜ発見されたのか?」「化石の見つけ方」など、分かりやすく説明されています。

市民団体「鳥羽恐竜研究振興会」が市民や観光客の皆さまにもっと気軽に見てもらおうと
約20年前から資料を公開しました。
骨の化石のレプリカや写真・貝化石・パネルなど、鳥羽竜に関する資料と、寄付いただいた
資料(トリケラトプス・恐竜の卵)など、約50点を展示しています。

1996年に上腕骨、大腿骨などの化石が発見されて以来、まだ頭部などは未発見のため
学名は付けられていませんが大型草食恐竜の仲間です。

約1億3千万年前の白亜紀に生息していたとされる、鳥羽竜の太古のロマンに思いをはせてみませんか?

画像提供「鳥羽恐竜研究振興会」

「鳥羽恐竜研究振興会」では鳥羽竜の調査研究や化石採集会を開催し、活動を広め、地域振興に
ご協力いただける会員を募集しています。
新たな化石発見や化石レプリカ作りなどの活動を通して、新たなチャレンジをしてみませんか?
(個人年会費 2,000円/団体 5,000円)

詳しくは下のリンクからご確認ください。

【鳥羽恐竜展】
〒517-0011 鳥羽市鳥羽1丁目10-48
鳥羽市歴史文化ガイドセンター内
門野幾之進記念館1階

【鳥羽恐竜研究振興会】
〒517-0011 鳥羽市鳥羽1丁目10-48
鳥羽市歴史文化ガイドセンター内
[TEL] 090-4790-0559

【鳥羽市歴史文化ガイドセンター】
〒517-0011 鳥羽市鳥羽1丁目10-48
[TEL] 0599-25-8255

[休館日]火曜日・年末年始
[営業時間]9時~16時 [入館料]無料
[アクセス]近鉄鳥羽駅下車後徒歩約10分

かんぽの宿鳥羽は現在、リニューアル工事のため休館しております。
来年4月中旬頃にリニューアルオープン予定です。
リニューアルオープンに向け、皆さまにこれまで以上にご愛顧いただける宿にするために
只今、スタッフ一同、準備に励んでおります。

当ブログで「魅力的な伊勢志摩の情報」を今後も皆さまにお伝えして参ります。

カテゴリ一覧

同じカテゴリの新着記事

かんぽの宿 鳥羽へのお問い合わせはこちら

インターネットでの
お問い合わせ・資料請求

ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

かんぽの宿 鳥羽

住所:〒517-0021
三重県鳥羽市安楽島町1200-7
FAX:0599-25-3901
チェックイン:15時
チェックアウト:10時