ピンクリボンの活動

かんぽの宿における

ピンクリボンの活動

乳がんについての周知、気づきの機会を広げていただくことを目的として実施する、かんぽの宿におけるピンクリボンの活動についてお知らせします。

■■手術跡などをカバーする「入浴着」の無料レンタル■■

乳がん等の手術をした方が周りを気にせず入浴できる「入浴着」

~2021年3月8日より全国のかんぽの宿で「入浴着」無料レンタルを開始しました~

温泉地に徐々に広がる「入浴着」とは?

乳がん等の手術をした方などが周りを気にせず入浴できるように開発されたのが、入浴の際に着用する専用の肌着「入浴着」です。

日本温泉協会によると、衛生面を懸念して「入浴着」の使用を躊躇していた温浴施設もありました。
しかし、入浴の際に「入浴着」に付着する石鹸は微量であるため衛生上問題ないと2000年10月31年に長野県上田保健所は入浴施設での使用を許可しました。また、2011年1月17日には総務省、厚生労働省、国土交通省観光庁がユニバーサル観光の促進として「入浴着」の利用を推進しており、更に2018年には厚生労働省から各都道府県等に対して周知されました。徐々に「入浴着」を使用できる入浴施設は広がりをみせています。

普及の課題は、認知度や理解の低さ

広がりをみせる一方、乳がん患者からは「入浴着」の認知度や理解の低さを懸念する声もあります。
乳がん支援コミュニティーMammaのアンケートによると、「入浴着」について知らないと答えた人は7割近くいました。
「入浴着」の周知が図られ、入浴着への正しい理解が広がれば、乳がん患者の楽しみの幅が広がるかもしれません。

かんぽの宿を病気になる前と同じように温泉を楽しめる場所に

かんぽの宿は、日本郵政グループの一員として全国約24,000局の郵便局と共に全国33か所のネットワークでお客さまの生活全般に深くかかわり、健康増進など地域社会のお役に立ち続ける事業を目指しています。今回もこの事業推進の一環として、『病気になる前と同じように子供、家族、友達と一緒に温泉に入りたい。』と思う乳がん手術を受けたことがある方とご家族の願いに応えたいと思い、入浴着メーカーの株式会社ブライトアイズ(東京都練馬区、代表取締役:加藤ひとみ)と入浴着の貸し出しに向けて準備を進めてきました。

「入浴着」の普及と理解に向けて

今回、全国のかんぽの宿33施設では「入浴着」を無料で貸し出しを開始しました。フロントにて貸出、返却を受け付けます。また館内の周知活動としてフロントにて入浴着の実物を展示し、来館者に向けて情報を発信します。入浴着を着用して入浴する方への理解促進のためにフロントや浴場入口に啓蒙ポスターを掲示します。今後は、乳がんのセルフチェックを啓蒙するイベントなども予定しています。

入浴着「バスタイムカバー」 について

入浴着「バスタイムカバー」は、商品開発者の乳がん手術という体験の中から生まれた日本で初めての専用入浴着です。乳がん・腫瘍・皮膚移植等で皮膚に重大な傷跡の残る手術を受けた方々が同浴者の視線を気にすることなく入浴が楽しめるように、手術跡をカバーするために専用に開発・製造された入浴用肌着です。

タオル等と違い着用のまま浴槽に入れます。バスタオルでさっと拭くだけで乾くので、上から浴衣やTシャツを着ることができます。お客さまは、入浴着をお部屋で着用したら入浴後に浴場で入浴着を脱がずに着替えることができ、誰にも手術跡を見られることはありません。

  • Q.

    「入浴着」を無料レンタルする今回の施策の目的は何ですか。

    A.

    乳がん手術後の患者の方とそのご家族の「病気になる前と同じように子供、家族、友達と一緒に温泉に入りたい。」という願いに応えるために全国33か所のかんぽの宿で専用入浴着を無料レンタルする施策です。
    かんぽの宿のお客さま等へ乳がんについての正しい知識を知っていただき、乳がんの早期発見のための検診・セルフチェックの呼びかけを行う周知・啓蒙活動を応援します。

  • Q.

    「入浴着」はどのようなものですか。

    A.

    「入浴着」(商品名:バスタイムカバー)は、乳がんの手術跡を自然にカバーするために開発されたものです。とても柔らかい素材でできており、軽くて肌触りも良く素肌感覚で利用できます。また、衛生面においても厚生労働省等も理解推進している商品なので、安心してご使用できます。

  • Q.

    「入浴着」はどのように利用するのですか。

    A.

    かんぽの宿では、日帰り入浴、ご宿泊、くるまパークご利用のお客さまでご利用を希望されるお客さまに無料レンタルを行います。
    タオル等と違い着用のまま浴槽に入れます。バスタオルでさっと拭くだけで乾くので、上から浴衣やTシャツを着ることができます。
    お客さまは、入浴着をお部屋で着用したら入浴後に浴場で入浴着を脱がずに着替えることができ、誰にも手術跡を見られることはありません。
    なお、入浴着は、女性だけでなく男性のお客さまにも無料レンタルを行います。

  • Q.

    「入浴着」の衛生面について厚生労働省等はどう言っていますか。

    A.

    ■2000年10月31日
    長野県上田保健所が入浴着の入浴施設での使用を許可
     
    ■2011年1月17日
    総務省地域力創造グループ地域振興室長
    厚生労働省健康局生活衛生課長
    国土交通省観光庁観光産業課長連名でユニバーサル観光の推進について、乳がん患者等の専用の入浴着の理解を推進することを都道府県等に文書を発出

    ■2018年6月28日
    厚生労働省 医薬・生活衛生局 生活衛生課から乳がん患者等の専用の入浴着の理解を推進することを都道府県等に文書を発出

  • Q.

    「入浴着」の利用後の洗濯はどのように行うのですか。

    A.

    利用後は、通常の下着等の洗濯と同じように、手洗いまたは、洗濯機で洗濯できます。

全国33施設(かんぽの宿32所、JPリゾート伊豆高原)で無料レンタルを開始します!

ご利用方法

● ご利用の際は、フロントにて「入浴着の貸出ご希望」の旨をお申し付けください。各宿への事前連絡は不要です。
● ご利用後の「入浴着」については、フロントまでお戻しください。
● 詳しくはご利用の宿にお問合せください。

■■■毎月19日はピンクの日■■■

セルフチェック啓蒙リーフレットの配布やピンク色のバスセットを浴場に設置するなどの啓蒙活動を開始

女性だけなく男性も乳がんになる?!

女性がかかる癌の1位である乳がんの罹患者数は年々増加の傾向にあり、2021年2月現在、女性の9人に1人は患うと推定されています。(出典:「最新がん統計」国立がん研究センター2020年7月6日更新データより)また乳がん罹患者の約1%が男性であるという事実はあまり知られておらず「ピンクリボン」への認知や取り組みは低いのが現状です。
2018年から活動を開始している「しあわせピンクバスプロジェクト」では、乳がんの情報発信、セルフチェック、検診への呼びかけを行う活動を温浴・宿泊施設事業者の賛同のもと展開しています。

かんぽの宿をピンクリボンの活動拠点の一つに

かんぽの宿は、日本郵政グループの一員として全国約24,000局の郵便局と共に全国33か所のネットワークでお客さまの生活全般に深くかかわり、健康増進など地域社会のお役に立ち続ける事業を目指しています。今回もこの事業推進の一環として、お客さまへの乳がんの情報発信、セルフチェックの促進、検診への呼びかけを行い、乳がんについての周知、気づきの機会を広げていただくことを目的としています。
また、毎月19日を「ピンクの日」として定例化することで毎月のセルフチェックの習慣と定期的な検診の行動に繋げ、早期発見率を上げることに寄与したいとの想いもあります。この企画にあたって「しあわせピンクバスプロジェクト」事務局の株式会社ヘルスビューティー(愛知県名古屋市、代表取締役:松田宗大)の協力で準備を進めてきました。

「ピンクの日」取り組み内容

毎月19日を「ピンクの日」として以下内容を実施します。

セルフチェック啓蒙リーフレットの配布

乳がんの早期発見を促すため、セルフチェックの習慣と定期的な検診をリーフレットの配布を行い周知します。

しあわせピンクリボンの湯

ピンク色に浴場を彩ることがお客さまにはわかりやすいため、洗い場にピンク色のバスセットを設置して、ピンクリボン運動の意識づけを応援します。

かんぽの宿メールマガジンのごあんない

最新情報やかんぽの宿のお得なプラン・イベント等、定期的なごあんないをメルマガにて配信します。ぜひご活用ください。