イベント・観光

秋はしっとり 大人女子旅 ~門司港レトロへご案内~

2017年9月14日

古き良き時代と現代が融合した街が息づいています

国際友好記念図書館 まるでタイムスリップしたような門司港レトロエリア!!【画像提供:北九州観光サイト】

ブログをご覧のみなさま、こんにちは。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

鹿児島本線の終着駅である門司港駅周辺には、古き良き時代と現代が融合した街が息づいています。
そしてその街は”門司港レトロ”と呼ばれ県内外を問わず多くの観光客で賑わっています。

レトロエリアには、明治~昭和に建築されたモダンな建物が今でも残っており、当時の雰囲気を感じながら散策できます。
主な建築物は
門司港駅
旧門司港税関
旧門司三井俱楽部
国際友好記念図書館
などです。

門司港レトロ全体を一望したい方・・・
”門司港レトロ展望室”はいかがですか?
建築家 黒川紀章氏が設計したマンション最上階には、360度見渡せる展望ルームがあり、関門橋や対岸の下関市を見渡すことができ、晴れた夕暮れ時には、空が赤く染まる夕日をご覧できます。

マンションの建築が発表された当時は、「高層マンションは門司港の景観にそぐわない」と賛否がありましたが、今ではレトロな街に溶け合って、ランドマーク的な存在になっています。
11月下旬からは、イルミネーションでレトロな街が彩られます。

眼下に広がる幻想的な街をご覧になってはいかがですか。

お腹がすいたらこちらへどうぞ・・・
門司港駅近くの「海峡プラザ」では一躍全国区になった門司港のご当地グルメ
焼カレー
門司港のお隣下関のご当地グルメ
瓦そば
などが楽しめるレストランがあります。

「瓦そば?まさか瓦にそばが乗ったりして・・・]
と言う声が聞こえてきそうです。
「正解!!」です。あつあつの瓦の上におそばが乗っています。
やみつきになるお味ですので、是非一度お試しください。

海峡プラザの2・3階には、女子が大好きな雑貨のお店や、オルゴール・ガラス製品ショップがあり、時間を忘れてショッピングができます。
”トリック3Dアートミュージアム”では、とっても楽しいPOPな写真が撮れます。
インスタ映え間違えなし!!

最後にお土産のオススメは、”じじや”という海産物を扱うお店の「ひもの」です。
立ち寄れば、ビックリするほどの量の試食を次から次へと出してくれます。
試食をしたら買わないと申し訳ないわ・・・心配ご無用!
「日本でここだけ 食い逃げ自由のお店」と提示されています。
お味はとっても美味しいので、ついつい大人買いしてしまいます。

秋のご旅行は、門司港レトロに決まり。

当宿から約40km 車で約53分

●門司港レトロ展望室
 住所:門司区東港町1-32
 電話:093-321-4151
 料金/大人:300円、小中学生:150円
 休業日/年4回不定休
 営業時間/10時~21時30分

●九州鉄道記念館
 電話:093-322-1006
 料金/大人:300円、中学生以下:150円
           (4歳未満は無料)
 休業日/第2水曜日(但し8月は除く)
     7月は第2水・木曜日 大水曜日が祝日の場合翌日休館日
 営業時間/9時~17時

九州鉄道記念館 歴代の車両・客車展示 鉄道ファン必見!!【画像提供:北九州観光サイト】

カテゴリ一覧

同じカテゴリの新着記事

かんぽの宿 北九州へのお問い合わせはこちら

インターネットでの
お問い合わせ・資料請求

ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

かんぽの宿 北九州

住所:〒808-0123
福岡県北九州市若松区大字有毛2829
FAX:093-741-1337
チェックイン:15時
チェックアウト:10時