イベント・観光

響灘ビオトープ

2017年3月4日

ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

久しぶりの陽気に誘われて、ずいぶん前から気になっていた”響灘ビオトープ”に行ってまいりましたので、皆さまにご紹介いたします。

まず驚いたのは、この広大な敷地が昔は海だったことです。
響灘ビオトープは、産業廃棄物処理場として埋め立て、何もない所に生物が住み着き、生態系を創り出した日本最大級のビオトープだそうです。

ビオトープで見られる生きものたちは、
ハヤブサ・コミミズク・クロツラヘラサギなどの野鳥
ベッコウトンボ・コガタゲンゴロウなどの昆虫で、
絶滅危惧種の生きものが多数みられるそうです。
もちろん餌付けなし、自然の力だけで生きています。

先日は、響灘ビオトープに”ヒゲガラ”という、とても珍しい野鳥の飛来が新聞で報道されたそうで、関東からも一目見ようと多数来園されたとうかがいました。

機会がございましたら、お立ち寄りください。

響灘ビオトープ
 北九州市若松区響町1丁目
  TEL 093-751-2023
  一般 100円 小中学生 50円
  9時~17時
 
当宿から車で約20分  



 

響灘ビオトープ(若松区響町)野鳥つぐみ

カテゴリ一覧

同じカテゴリの新着記事

かんぽの宿 北九州へのお問い合わせはこちら

インターネットでの
お問い合わせ・資料請求

ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

かんぽの宿 北九州

住所:〒808-0123
福岡県北九州市若松区大字有毛2829
FAX:093-741-1337
チェックイン:15時
チェックアウト:10時