イベント・観光

野中の一方杉

2017年9月26日

杉の樹齢800年の巨木

野中の一方杉

社殿に向かう石段を挟んで杉の巨木が立ち並んでいます。

いつも、かんぽの宿紀伊田辺のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

熊野古道にある継桜王子の境内に、杉の樹齢800年の巨木が社殿に向かう石段を挟んで立ち並んでいます。
野中の一方杉(のなかのいっぽうすぎ)と呼ばれており、県の天然記念物に指定されています。

一方杉と呼ばれている由縁は、すべての杉が南にある熊野那智大社の方向にだけ枝を伸ばしているからだそうです。10本近くあるうち、最大のものは幹の周りがおよそ8mもあります。

これからの季節、熊野古道を歩くには最適な気候なので皆さま一度行ってみてはいかがでしょうか。


当宿から継桜王子まで車で、約1時間(約41km)
お問い合わせ先 中辺路町観光協会  電話番号0739-64-1470

カテゴリ一覧

同じカテゴリの新着記事

かんぽの宿 紀伊田辺へのお問い合わせはこちら

インターネットでの
お問い合わせ・資料請求

ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

かんぽの宿 紀伊田辺

住所:〒646-8501
和歌山県田辺市目良24-1
FAX:0739-24-2901
チェックイン:15時
チェックアウト:10時