イベント・観光

田辺城水門のご紹介

2017年6月21日

田辺城水門跡

会津川からの引き込み口付近

田辺城水門のご紹介

いつもかんぽの宿紀伊田辺のブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は田辺市の歴史をほんの一握りご紹介します。

田辺市が城下町だということを皆さまはご存じでしょうか?
関ヶ原の合戦後、紀伊國に入国した浅野家によって1606年に会津川左岸河口に湊城が築城され
その後1619年に紀州徳川家付家老安藤直次に引き継がれ 
内外堀を持つ田辺城 別名”錦水城”が完成しました。
(明治初年に廃城となり解体され堀も埋められました。)

現在では水門跡と石垣がわずかに当時の面影を残しています。
周辺は小さな公園に整備され市民の憩いの場になっています。
夏場は大変賑わう扇ヶ浜海水浴場の近くにございますので、海水浴の際に覗かれてみては
いかがでしょうか?

   ※田辺城水門付近には駐車場がございません。扇ヶ浜海水浴場の駐車場をご利用ください。
   ※駐車1時間無料 その後1時間毎に100円

カテゴリ一覧

同じカテゴリの新着記事

かんぽの宿 紀伊田辺へのお問い合わせはこちら

インターネットでの
お問い合わせ・資料請求

ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

かんぽの宿 紀伊田辺

住所:〒646-8501
和歌山県田辺市目良24-1
FAX:0739-24-2901
チェックイン:15時
チェックアウト:10時