季節のお便り

げいび渓の雪景色とあったかコタツ船!

2015年12月22日

冬の猊鼻渓!

国の史蹟名勝天然記念物、日本百景の一つに数えられる猊鼻渓は舟下りで有名です。
高さ30m超の断崖がそびえる岸の間を船頭の手こぎでゆっくり進んでいく。

なんと!
冬になると!
こたつ舟が登場!

舟には、中央線上に長いウレタンこたつ、屋根とサッシはビニールに覆われ寒さをしのげます。
雪景色に覆われた自然の神秘に酔いしれながら、あったかこたつでお酒をたしなむ。
紅葉の時期もいいけれど、雪景色もなかなかおつなもの!

また、岸に上陸して5分ほど歩くと正面に高さ124メートルの大岸壁「大猊鼻岩」が目に飛び込んできます。
下方には直径30センチ「願掛けの穴」と命名された穴が開いていて、そこへ運玉(5個100円)を投げて入れば願いがかなうという“運だめし”もできます。

荘厳ただよう猊鼻渓の雪景色を体感しつつ、あったかこたつ舟で温んでみませんか?

【アクセス】
  自動車    かんぽの宿一関~約40分
  電 車    JR一関駅~JR大船渡線・猊鼻渓駅 下車徒歩約5分
  お問い合せ先 げいび渓観光センター 0191-47-2341

カテゴリ一覧

同じカテゴリの新着記事

かんぽの宿 一関へのお問い合わせはこちら

インターネットでの
お問い合わせ・資料請求

ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

かんぽの宿 一関

住所:〒021-0101
岩手県一関市厳美町字宝竜147-5
FAX:0191-29-2132
チェックイン:15時
チェックアウト:10時