季節のお便り

春爛漫、桜前線北上中!

2018年4月8日

桜前線北上中です。今年は気温が高いせいか桜等の開花時期が例年より10日前後早くなっている様子です。那須町芦野の遊行柳の桜、武家屋敷の桜、御殿山の桜も見頃を迎えています。
寺子の「エドヒガン」ほ今年は時期的に早かったせいか、見ごろを過ぎようとしています。

那須町芦野の「奥の細道」で芭蕉が一句『田一枚植えて立ち去る柳かな』と詠んだ句碑がある。(画像は4月3日撮影)

黒磯市寺子の「エドヒガン」(4月3日撮影画像)

現在、春爛漫の塩原、那須周辺ですが、桜も満開の時期を迎えて花見客で賑わっています。

奥の細道行脚中の松尾芭蕉は黒羽~那須~芦野~白河の関へ向かう途中那須町芦野にある遊行柳に立ち寄り一句詠みました。

『遊行柳』には西行法師の句 道のべに 清水ながるる 柳かげ しばしとてこそ 立ちどまりつれ (西行)があり、柳のところで(時を忘れて西行への物思いにふけっていた)、芭蕉が、物思いにふけっている間に、目の前で働く早乙女たちは、田んぼ一枚分の田植えを終わらせていました。彼女たちの立ち去る姿を見て、芭蕉は、ここで一句詠みました。
田一枚植えて立ち去る柳かな(芭蕉)。
芦野には色々な史跡があります。かんぽの宿塩原に宿泊の拠点置き、近隣の史跡巡りをしてみてはいかがでしょうか?楽しいひと時を過ごせると思います。

同じカテゴリの新着記事

    かんぽの宿 塩原へのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    0287-32-2845

    かんぽの宿 塩原

    住所:〒329-2921
    栃木県那須塩原市塩原1256
    FAX:0287-32-4058
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時