所要時間:約30分

材料 (2人分)

ゆで筍

200g

生わかめ (塩蔵)

20g

かつおだし

200cc

薄口しょうゆ

10cc

10cc

みりん

5cc

木の芽

2枚

作り方

1

筍の穂先はくし形に切り、根元は1cm厚の半月に切り、さっと茹でる。

2

わかめを水で塩抜きして、3cmぐらいに切る。

3

鍋にかつおだし、薄口しょうゆ、酒、みりんを入れ火にかけ、筍を入れる。沸いてきたら弱火にし、15分煮る。

4

火を止めてからわかめを入れ、そのまま10分ぐらいおいて味を馴染ませる。

5

もう1度火をつけて温め、器に盛り付ける。

6

木の芽を手のひらで叩いて、香りを出して盛り付けて出来上がり。

料理長からのおすすめ

若山料理長

若山料理長

筍はパックの筍でもできますが、生を茹でたものを使うと、歯ごたえなど格別の美味しさです。かつおだしも、鰹が濃い方が美味しいです。

その他のおすすめレシピ

  • 鯖と夏野菜のあっさりポン酢風

    鯖と夏野菜のあっさりポン酢風

    食材を焼き重ねて盛りつけることで、見た目も華やかな料理です。さっぱりとポン酢あんで召し上がっていただきます。

  • なごり素麺と茄子のあんかけ

    なごり素麺と茄子のあんかけ

    出し巻玉子の中に素麺を芯に入れて巻いたシンプル料理です。素麺を夕食のおかずにアレンジできる一品です。

  • 茄子のはさみ揚げ

    茄子のはさみ揚げ

    旬の茄子で海老を挟み天ぷらにしました。

  • 鶏手羽先の甘ダレ唐揚げ

    鶏手羽先の甘ダレ唐揚げ

    鶏手羽先の唐揚げにしょうゆベースの甘ダレをからめた料理。

  • 海鞘と夏野菜の南蛮漬

    海鞘と夏野菜の南蛮漬

    暑い夏にピッタリ。サッパリと、磯の香りも楽しめる一品です。

  • 加茂茄子のかわり田楽

    加茂茄子のかわり田楽

    加茂茄子の器に玉みそ、茄子と車海老を詰め豆腐胡麻餡を掛ける。器と中身で異なる味が楽しめる一品。