鮭ときのこの炊き込みご飯

所要時間:約60分

材料(2人分)

鮭切り身

120g

しめじ

50g

舞茸

50g

椎茸

2枚

いくら

60g

三つ葉

4本

バター

20g

2合

柚庵地(ゆうあんじ)

かつお出汁

50cc

濃口醤油

50cc

みりん

50cc

50cc

合わせ出汁

かつお出汁

400cc

淡口醤油

大さじ2

みりん

小さじ2

大さじ2

作り方

1

米は洗ってザルにあげ、30分以上おく。

2

鮭切り身は骨をとり食べやすい大きさに切って、かつお出汁・濃口醤油・みりん・酒をよくかき混ぜた柚庵地に30分つけて取り出し、200℃のオーブンで6分ほど焼く。

3

きのこ類は石づきをとり、適当な大きさに切っておく。

4

三つ葉は3cm程の長さに切る。

5

鍋に合わせ出汁を沸かし、【3】のきのこ類を入れてひと煮立ちさせ、きのこ類をとり出し、煮汁は冷ましておく。

6

土鍋に米と同割の【5】の煮汁を加え、蓋をして強火にし、沸いたら弱火にして10~13分ほど炊く。

7

【6】の土鍋の蓋を開け、【2】の鮭、【5】のきのこ類を入れて蓋をし、10分ほど蒸らす。

8

食べる直前にいくら、三つ葉、バターを加えてできあがり。

  • ポイント:食べる直前にバターをいれることで風味が増します。

料理長からのおすすめ

坂本料理長

坂本料理長

鮭の切り身を柚庵地に漬け込み、焼いてから土鍋に入れ蒸らすことにより、ふっくらと仕上がります。

その他のおすすめレシピ

  • 豆腐のたっぷりきのこあんかけ

    豆腐のたっぷりきのこあんかけ

    旬のきのこをたっぷり使ったヘルシーでおいしい一品です。

  • 鰊茄子 (にしんと茄子の焚いたん)

    鰊茄子 (にしんと茄子の焚いたん)

    夏の定番、京のおばんざい。鰊と旬の茄子を甘辛くこってりした味付けで旨みたっぷりに仕上げた御飯がすすむ逸品です。

  • とり天

    とり天

    大分の郷土料理。
    さくさくの衣がおいしい!「大分のとり天」が家庭で再現できます。

  • 鯖と夏野菜のあっさりポン酢風

    鯖と夏野菜のあっさりポン酢風

    食材を焼き重ねて盛りつけることで、見た目も華やかな料理です。さっぱりとポン酢あんで召し上がっていただきます。

  • なごり素麺と茄子のあんかけ

    なごり素麺と茄子のあんかけ

    出し巻玉子の中に素麺を芯に入れて巻いたシンプル料理です。素麺を夕食のおかずにアレンジできる一品です。

  • 茄子のはさみ揚げ

    茄子のはさみ揚げ

    旬の茄子で海老を挟み天ぷらにしました。