イベント・観光

周辺散策ガイドマップ(PDF)をダウンロード

「周辺散策ガイドマップ」掲載情報は2012年9月時点のものです。最新の情報と異なっている場合がごさいます。

周辺のレジャー・遊び・体験 スポットを検索・予約

レジャー・遊び・体験 スポットを検索・予約!

レジャー・遊び・体験 スポットを検索・予約できる日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!」から近隣のスポットをご紹介。
※サイトから予約もできます。
※かんぽの宿が運営するサイトではありません。

周辺のおすすめ観光情報

見る

興福寺

五重塔と東金堂 

五重塔と東金堂

京都山科の藤原鎌足[ふじわらかまたり]の私邸に建立された山階[やましな]寺が始まり。飛鳥を経て平城遷都に伴い現在地に移り興福寺と号した。藤原氏の氏寺として隆盛し、平安時代には大和国を支配。僧兵を擁し、比叡山延暦寺とともに南都北嶺[なんとほくれい]と呼ばれ、畏れられた。平家の南都焼討ちで大半の堂塔を焼失したが、鎌倉時代に復興。その後も堂塔は焼失と再建を繰り返したが、寺勢は徐々に衰え、明治の廃仏毀釈では崩壊寸前に追い込まれた。それでも東金堂[とうこんどう](国宝)、五重塔(国宝)、北円堂(国宝)、三重塔(国宝)、南円堂(重要文化財)などが残り、優れた仏像を多数所蔵する。

住所

奈良県奈良市登大路町48

交通

近鉄近鉄奈良駅2番出口→徒歩5分

ドライブ

西名阪道天理ICから国道169号経由10km15分

料金

境内自由

営業時間

境内自由、国宝館・東金堂9~17時

定休日

無休

問合せ先

0742-22-7755

奈良国立博物館

重要文化財に指定されている「なら仏像館」  重要文化財に指定されている「なら仏像館」 

重要文化財に指定されている「なら仏像館」

仏教美術では国内随一の質と量を誇り、国宝・重要文化財を多数収蔵する。明治28年(1895)開館のなら仏像館(重要文化財)は風格ある洋館。東西の新館は校倉[あぜくら]造を模している。地下は無料ゾーンでミュージアムショップが人気。

住所

奈良県奈良市登大路町50

交通

近鉄近鉄奈良駅出口B・C→徒歩15分

ドライブ

京奈和道木津ICから国道24・369号経由6km10分

料金

入館520円(特別展は別途)

営業時間

9時30分~17時、名品展、特別陳列は金・土曜~20時

定休日

月曜(祝日の場合は翌日)

問合せ先

050-5542-8600(ハローダイヤル)

東大寺

 (奈良市観光協会)

(奈良市観光協会)

仏教を中心とする国づくりを進めた、聖武天皇の発願で創建。大仏造立は国を挙げた一大プロジェクトで、天平勝宝4年(752)、大仏開眼法要が盛大に営まれた。治承4年(1180)、平重衡の南都焼き討ちで大半の堂塔を焼失したが、重源[ちょうげん]の勧進で復興。しかし永禄10年(1567)に松永久秀の兵火にかかり、再焼失。江戸中期になって現在の伽藍が整った。広大な境内に、南大門・大仏殿・鐘楼・法華堂・二月堂・転害門(以上すべて国宝)などが散在する。

住所

奈良県奈良市雑司町406-1

交通

近鉄近鉄奈良駅→奈良交通バス市内循環線で4分、バス停:大仏殿春日大社前下車、徒歩5分。またはJR奈良駅→奈良交通バス市内循環線で10分、バス停:大仏殿春日大社前下車、徒歩5分

ドライブ

京奈和道木津ICから7km15分

料金

大仏殿・法華堂・戒壇堂・ミュージアム各600円、共通券(大仏殿・ミュージアム)1000円

営業時間

大仏殿・法華堂・戒壇堂:4~10月は7時30分~17時30分、11~3月は8~17時、東大寺ミュージアム4~10月は9時30分~17時30分、11~3月は9時30分~17時

定休日

無休

問合せ先

0742-22-5511(東大寺寺務所)

春日大社

春日の森に包まれて立つ  春日の森に包まれて立つ社殿(撮影:桑原英文) 正月時初詣風景 

春日の森に包まれて立つ

奈良時代のはじめに、平城京の守護の為創建されたのが始まり。平安時代には現規模の社殿が整った。皇室の尊崇も篤かったが、庶民の信仰も集め、多くの灯籠が奉納された。本殿や古神宝類が国宝に、若宮神社、南門など多くの社殿と神宝が重要文化財に指定。社殿は式年造替[ぞうたい]といって、20年ごとに造り替えられてきた。

住所

奈良県奈良市春日野町160

交通

近鉄近鉄奈良駅2番出口→奈良交通バス春日大社本殿行きで7分、バス停:春日大社本殿下車、徒歩すぐ

ドライブ

西名阪道天理ICから国道169号経由15分

料金

境内自由(回廊内特別参拝500円)

営業時間

開門時間6~18時(10~3月は6時30分~17時)

定休日

無休

問合せ先

0742-22-7788

奈良町資料館

昭和60年(1985)に開館し、町なかに点在する私設資料館の草分けとなった    

昭和60年(1985)に開館し、町なかに点在する私設資料館の草分けとなった

奈良町で使用されていた江戸時代の看板や、古くから伝わる生活用品を展示。何が売られているのか一目でわかる、大根やそろばん型の絵看板がおもしろい。また、店内には日本最大という直径1.7mの大皿が並べられている。庚申[こうしん]信仰の身代わり申も販売。

住所

奈良県奈良市西新屋町14

交通

近鉄近鉄奈良駅2番出口→徒歩15分

ドライブ

西名阪道天理ICから国道169号経由7km30分

料金

入館無料

営業時間

10~16時

定休日

無休

問合せ先

0742-22-5509

平城宮跡

「あおによし寧楽[なら]の都は咲く花の匂うがごとく今盛りなり」と詠まれた平城京は、和銅3年(710)に藤原京から遷都された。以後70年余にわたり日本の政治経済文化の中心として栄え、天平文化が華開いた。宮跡は1.1km四方で東へ300mの張り出しがあり、全域が特別史跡として保存。1998年には遺跡として日本で初めて世界文化遺産にも登録された。広々とした宮跡は市民にとっても憩いの場。いつもどこかで発掘調査が行われていて、調査結果に基づき、建物や基壇などの復元工事も進められている。1998年には平城宮の正門である朱雀[すざく]門や東院庭園を復元。2010年には、第一次大極殿の復元工事が完成した。

住所

奈良県奈良市佐紀町

交通

近鉄大和西大寺駅→奈良交通バス近鉄奈良駅方面行きで8分、バス停:平城宮跡下車、徒歩すぐ

ドライブ

第二阪奈道路宝来ICから10分

料金

見学自由

問合せ先

0742-30-6753(奈良文化財研究所)

朱雀門

復元された朱雀門 

復元された朱雀門

平城宮跡にあり、平城宮の正門。門をくぐって北へ行けば平城宮内の第一次大極殿、南へは平城京のメインストリートである朱雀大路が延びていた。高さ20m、間口25m、奥行き10mの壮大な二重門として蘇り、朱塗りの柱と白壁が美しい。大屋根には金色の鴟尾[しび]も輝く。外国使節など賓客の訪問時や儀式の際しか扉は開けられなかったというが、現在は日中常時開放。

住所

奈良県奈良市佐紀町

交通

近鉄大和西大寺駅→徒歩30分

ドライブ

第二阪奈道路宝来ICから10分

料金

見学無料

営業時間

柵内での見学は9時~16時30分(入館は~16時)

定休日

月曜(祝日の場合は翌日)

問合せ先

0742-30-6753(奈良文化財研究所)

秋篠寺

光仁天皇の勅願で、奈良時代最後の官寺として創建されたと伝わる。すっきりとした本堂(国宝)は、創建時の講堂を鎌倉時代に大修理したものといわれる。堀辰雄が東洋のミューズと称賛した伎芸天[ぎげいてん]像(重要文化財)は本堂に安置。ふっくらと美しく、頭を傾けた姿が魅力的だ。頭部のみ天平時代の乾漆造で、胴体は鎌倉時代の補作。同様の造りの帝釈天像(重要文化財)もまつる。ほかに本尊薬師如来像(重要文化財)、日光・月光菩薩像(重要文化財)などを安置する。小中学生は拝観不可。

住所

奈良県奈良市秋篠町757

交通

近鉄大和西大寺駅→奈良交通バス押熊方面行きで5分、バス停:秋篠寺下車、徒歩すぐ

ドライブ

西名阪道天理ICから30分

料金

拝観500円

営業時間

9時30分~16時30分

定休日

無休

問合せ先

0742-45-4600

西大寺

天平神護元年(765)、称徳天皇[しょうとくてんのう]の発願で東大寺に対する西の大寺として創建された。堂宇100以上の大伽藍を誇ったが、平安遷都や度重なる火災で衰退。鎌倉時代に中興の祖と呼ばれる叡尊[えいそん]が復興した。本堂前の巨大な基壇は東塔跡のもので、往時を偲ばせる。本堂の本尊木造釈迦如来立像(重要文化財)は叡尊が京都嵯峨・清凉寺の釈迦如来像を模刻させたもので、縄状に表現した頭髪と流れるような衣の襞が特徴。四王堂四天王像(重要文化財)の下に踏まれている邪鬼は創建当初のもの。叡尊ゆかりの大茶盛式も行われる。

住所

奈良県奈良市西大寺芝町1-1-5

交通

近鉄大和西大寺駅南口→徒歩3分

ドライブ

第二阪奈道路宝来ICから国道369号経由2km10分

料金

境内自由(本堂拝観400円、四王堂・愛染堂・聚宝館拝観各300円)

営業時間

8時30分~16時30分(愛染堂・聚宝館は9時~)

定休日

無休(聚宝館は1月15日~2月4日、4月20日~5月10日、10月25日~11月15日のみ開館)

問合せ先

0742-45-4700

唐招提寺

聖武天皇に招かれて唐から苦難の末に渡ってきた鑑真[がんじん]和上が、新田部[にいたべ]親王の旧邸跡を賜り、天平宝字3年(759)に建立した。当初は簡素な建物であったが、朝廷などの寄進により徐々に伽藍を整えていった。災禍を免れ、創建時の姿をよく残している。御影堂(重要文化財)の鑑真和上像(国宝)は開山忌に開扉。境内には、『若葉して御眼[おんめ]の雫拭[しずくぬぐ]はばや』の芭蕉句碑が立つ。

住所

奈良県奈良市五条町13-46

交通

近鉄西ノ京駅→徒歩10分

ドライブ

第二阪奈道路宝来ICから3km10分

料金

拝観600円(新宝蔵は別途)

営業時間

8時30分~17時(受付は~16時30分)

定休日

無休

問合せ先

0742-33-7900

奈良の鹿

若い雄鹿 

若い雄鹿

都市近郊で生態を観察することのできる野生動物の群落。神護景雲2年(768)藤原氏によって春日大社が創建されたとき、鹿島から勧進した神が白鹿に乗って降臨。その子孫である故事に基づき、神鹿として保護されてきた。一説によると明治時代の廃仏毀釈で神格をとかれ、乱獲や駆除により絶滅の危機に陥ったといわれる。戦後にも密漁などにより二度目の受難期を迎えたが、昭和32年(1957)に国の天然記念物に指定され、文化財として保護されるようになった。現在、奈良公園などに約1200頭の鹿が生息。出産期や発情期には気が荒くなることがあるので要注意。

住所

奈良県奈良市

交通

近鉄近鉄奈良駅2番出口→徒歩10分

ドライブ

西名阪道天理ICから国道169号経由8km15分

料金

散策自由

営業時間

散策自由

定休日

散策自由

問合せ先

0742-22-2388(一般財団法人 奈良の鹿愛護会)

  • 情報提供:JTBパブリッシング

  • 情報は変更になっている場合がございます。お出かけ前に必ずご確認ください。

  • 各施設の掲載情報は、目安として通年情報を掲載しています(お盆や年末年始の休み・臨時休業は原則として含まれていません)。また、季節・イベント等により変更されることがあります。

  • 地図上の各スポットの位置情報に関しては、ずれが生じる場合もございますので目安としてご利用ください。

  • 各施設の利用料金は、特記のない限り大人料金を記載しています。

  • 営業時間の最終時刻は、特記以外は原則として閉館・閉店時間です。入館やラストオーダー可能の時刻は、通常30分~1時間前となりますので、ご注意ください。

  • ドライブ・バス・徒歩などの所要時間は、いずれも目安です。実際の所要時間は諸条件により異なることをご了承ください。

おすすめプラン

  • 《お日にち限定1,000円割引!!》夢プラン【11月】

    《お日にち限定1,000円割引!!》夢プラン【11月】

    料金

    16,000円~
    (1室2名様以上利用、お1人様1泊2食)

    期間

    2018年11月5日、14日、19日~21日、26日~30日

  • 【レギュラープラン】夢プラン

    【レギュラープラン】夢プラン

    料金

    14,800円~
    (1室2名様以上利用、お1人様1泊2食)

    期間

    通年(2019年4月~)

  • 【冬の八寸】☆冬の味覚を散りばめた宝石箱プラン☆        

    【冬の八寸】☆冬の味覚を散りばめた宝石箱プラン☆        

    料金

    20,800円~
    (1室2名様以上利用、お1人様1泊2食)

    期間

    2018年12月1日~2019年2月28日
    ※2018年12月31日、2019年1月1日・2日を除く

  • ■冬の総料理長おすすめ 煌(きらめき)プラン■                  

    ■冬の総料理長おすすめ 煌(きらめき)プラン■                  

    料金

    16,800円~
    (1室2名様以上利用、お1人様1泊2食)

    期間

    2018年12月1日~2019年2月28日
    ※2018年12月31日、2019年1月1日・2日を除く

  • 量が少なめミニ会席【みやこプラン】

    量が少なめミニ会席【みやこプラン】

    料金

    11,800円~
    (1室2名様以上利用、お1人様1泊2食)

    期間

    2018年12月1日~2019年2月28日
    ※2018年12月31日、2019年1月1日・2日を除く

  • ■プレゼント付き!■クリスマスプラン■煌■                  

    ■プレゼント付き!■クリスマスプラン■煌■                  

    料金

    16,800円~
    (1室2名様以上利用、お1人様1泊2食)

    期間

    2018年12月1日~12月25日

    かんぽの宿 奈良へのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    0742-33-2351

    かんぽの宿 奈良

    住所:〒630−8002
    奈良県奈良市二条町3-9-1
    FAX:0742-33-2353
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時