イベント・観光

きのくに秋めぐり【号外】~光泉寺『子授けイチョウ』~

2017年12月6日

 いつもかんぽの宿紀伊田辺のブログをご覧いただきありがとうございます。

 
 紀伊半島の最南端に近い内陸部に位置する古座川町は、町域の9割ほどを山林地帯が占めています。

 そんな自然豊かな古座川町の三尾川にある“光泉寺”の境内には、樹齢およそ400年、樹高約35メートル、幹回り約7メートルにも及ぶ県内最大級のイチョウの木があります。

 みなさまは、このイチョウの木にまつわる民話をご存知でしょうか。

 江戸時代、村人たちは根をあまりに広げすぎるイチョウの伐採を考えていました。
 しかし、ある医者の夢の中にイチョウの妖精があらわれ、伐採を取りやめるよう説得した、といわれています。

 以来、イチョウは根をあまり広げなくなり、なぜか女性の乳房のように気根を垂らし始めました。

 いつしか、このイチョウにお願いすれば子どもを授けてくれるという噂が広まり、だれかれともなく『子授けイチョウ』と呼ぶようになったそうです。

11月29日、曇り。風がなく、やや暖かさをも感じる1日。

 境内一面に広がる黄金色の落ち葉の絨毯をサクサクと踏みしめながら、秋の終わりを感じるとともに、
さらにあとからあとへと葉を降らすイチョウに力強い生命力を感じました。

 深秋の時季には、御利益だけでなく黄葉の美しさを求めて全国から訪れる人が多いそうです。
 



※かんぽの宿紀伊田辺からは車で約1時間10分ぐらいです。


○お問い合わせ先
  古座川町役場 産業建設課
  TEL0735-72-0180

同じカテゴリの新着記事

    かんぽの宿 紀伊田辺へのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    0739-24-2900

    かんぽの宿 紀伊田辺

    住所:〒646-8501
    和歌山県田辺市目良24-1
    FAX:0739-24-2901
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時