季節のお便り

【春来】~つくし発見!!~

2020年4月6日

いつもかんぽの宿紀伊田辺のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

当宿から車で約15分。
田辺湾に注ぐ会津川の上流、「左会津川」の河川敷を散歩していると、草むらの中にひっそりと群生する“つくし”を見つけました。

【つくし/土筆】とは、植物そのものの名前だと思われがちですが、じつは、スギナの胞子茎の呼び名なんですね。

アップで撮ってみました。

密集地帯!?

つくしは、春の山菜としても親しまれ、酢の物・お浸し・煮物などにして春の食卓に並べられることもありますが、少し苦味があるのが特徴です。

『春の皿には苦味を盛れ』ということわざがあるように、この苦味こそが新陳代謝を高め、気分をリフレッシュさせてくれるといわれています。春にはウキウキして、新しいことを始めたくなるのはそのせいかも!?

また、つくしは和歌や俳句の季語として扱われ、古くから私たちにとって人工的ではない春の到来を告げる大事な役目を担ってくれているのです。

同じカテゴリの新着記事

    かんぽの宿 紀伊田辺へのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    0739-24-2900

    かんぽの宿 紀伊田辺

    住所:〒646-8501
    和歌山県田辺市目良24-1
    FAX:0739-24-2901
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時