イベント・観光

きのくに寺社巡り~女人高野『慈尊院』~

2019年7月9日

いつも、かんぽの宿紀伊田辺のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

当宿から車で約1時間30分。

和歌山県北部、高野山の玄関口にある山あいの町「九度山」には、弘法大師空海の母が暮らしていたという『慈尊院』があり、“女人高野”の名で信仰されています。

弘法大師創立の多宝塔。
曇っていて、少し靄がかかっているのもまた幻想的です。

入口にて。

境内は、国の史跡「高野山町石道」の一部であり、本堂弥勒堂は、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部に登録されています。

空海の母は、息子が開いた高野山をひと目見ようとこの地にやって来たが、高野山内は明治5年まで女人禁制であったため、麓にあるこの寺院に滞在し、晩年を過ごしたといわれています。
以来、女性の高野山参りは“ここ”ということで、“女人高野”と呼ばれるようになったそうです。

現在でも、慈尊院は女人結縁の寺として有名で、安産・授乳・育児の悩みや、乳がんの平癒など、女性の祈りがこめられた絵馬がたくさん奉納されています。

同じカテゴリの新着記事

    かんぽの宿 紀伊田辺へのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    0739-24-2900

    かんぽの宿 紀伊田辺

    住所:〒646-8501
    和歌山県田辺市目良24-1
    FAX:0739-24-2901
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時