スタッフいち押し!

香川の可愛いお菓子といえばコレ!!

2019年3月20日

今回のブログは、創業明治初期、香川県観音寺市では一番古い菓子店「菓子工房 遊々椿(ゆうゆうつばき)」さんをご紹介します。
遊々椿さんは香川県のお祝い事には欠かせない「おいり」の専門店です。

鯛を振るとカラカラ楽しい音がします。

おいりの始まりは、讃岐国丸亀城主、初代生駒親正公が任命された天正15年(1587年)頃と言われています。親正公の姫君のお輿入れが決まった時、領下のお百姓さんがお祝いにと5色の煎りものあられを献上したところ、大変お気に召されました。以来、婚儀の折にはおめでたいお煎りものを、と広く一般に知れ渡り、お煎りもの、略して「おいり」として特に婚儀には絶対欠かせない嫁入り道具の一つとして今も受け継がれています。

遊々椿さんでは伝統的な婚礼用のおいりだけでなく、可愛らしいパッケージに詰めたおいりを店頭で販売しています。カラフルなおいりは口の中に入れるとサクッ、シュワっと溶け、ほんのりニッキの風味が広がります。私も小さいころから食べ続けている大好きなお菓子です。
当宿にお越しの際には、ぜひお立ち寄りいただき、香川伝統の味をご賞味ください。

菓子工房 遊々椿
住  所:香川県観音寺市茂西町2-3-4(当宿から車で約15分)
営業時間:9時~18時
定 休 日:不定休
電話番号:0875-25-2731

同じカテゴリの新着記事

    かんぽの宿 観音寺へのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    0875-27-6161

    かんぽの宿 観音寺

    住所:〒768-0031
    香川県観音寺市池之尻町1101-4
    FAX:0875-27-6162
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時