イベント・観光

周辺散策ガイドマップ(PDF)をダウンロード

「周辺散策ガイドマップ」掲載情報は2012年9月時点のものです。最新の情報と異なっている場合がごさいます。

周辺のおすすめ観光情報

見る

白水阿弥陀堂

情緒あふれる阿弥陀堂浄土庭園       

情緒あふれる阿弥陀堂浄土庭園

永暦元年(1160)に、国主だった岩城則道の妻徳尼が、亡くなった夫の冥福を祈って建立されたといわれる。浄土庭園に立つ御堂は、平安末期の代表的な建築様式で、四方に曲線を描く屋根が特徴。

住所

福島県いわき市内郷白水町広畑221

交通

JRいわき駅→新常磐交通バス川平行きで20分、バス停:あみだ堂下車、徒歩5分

ドライブ

常磐道いわき湯本ICから県道371号経由7km15分

料金

拝観大人400円、小人(小学生)250円、※平成30年(2018)1月4日~変更あり(要問合せ)

営業時間

8時30分~15時45分(11~3月は~15時15分)

定休日

第4水曜、行事日、悪天候時

問合せ先

0246-26-7008

いわき市フラワーセンター

園内に花が美しく咲く       

園内に花が美しく咲く

広大な園内には大花壇やイングリッシュガーデン、バラ園、アジサイ園、展示温室などがあり、一年中花が楽しめる。また、子供の広場や風力・太陽光発電施設などもあり、週末は家族連れなどで賑わう。

住所

福島県いわき市平四ツ波字石森116 フラワーライフ館

交通

JRいわき駅→車15分

ドライブ

常磐道いわき中央ICから国道49・6号経由30分

料金

入園無料

営業時間

9~17時(温室・レストハウスは9時~16時30分)

定休日

火曜(祝日の場合は翌日)

問合せ先

0246-22-5667

薬王寺

大同年間(806~10)に徳一大師が創建し、大師自らが薬師如来を刻んで安置したと伝える。歴代藩主のほか、有力大名が帰依した名刹。戊辰戦争で多くの文化財を失ったが、運慶作といわれる木造文殊菩薩騎獅像(重要文化財)は拝観可能。

住所

福島県いわき市四倉町薬王寺字塙74

交通

JR四ツ倉駅→車10分

ドライブ

常磐道いわき四倉ICから5分

料金

境内自由(仏像拝観は200円)

営業時間

9~16時

定休日

不定休

問合せ先

0246-33-2552

いわき市立草野心平記念文学館

大地と同化したかのように見える独特の外観 

大地と同化したかのように見える独特の外観

いわき市出身の詩人、草野心平の生涯と作品の魅力を体感できる常設展示室では、心平による朗読などを鑑賞できる。企画展をはじめとした多彩な催しを開催し、雄大な阿武隈山系を眺めながら来館者が詩作できる文学プラザもある。所要40分。

住所

福島県いわき市小川町高萩字下夕道1-39

交通

JR小川郷駅→車5分

ドライブ

常磐道いわき中央ICから12.8km15分

料金

入館430円

営業時間

9~17時(7~8月の土曜は~20時)、入館は閉館30分前まで

定休日

月曜(祝日の場合は翌日)

問合せ先

0246-83-0005

夏井川渓谷

籠場の滝((一社)いわき観光まちづくりビューロー) モミジやカエデなどの紅葉が渓谷を美しく彩る((一社)いわき観光まちづくりビューロー) 夏井川渓谷 綿展望台((一社)いわき観光まちづくりビューロー)

籠場の滝((一社)いわき観光まちづくりビューロー)

磐越東線沿いの川前駅と小川郷駅の間に、全長15kmも続く渓谷。清流が岩に砕け、滝や淵、さまざまな奇岩が見られ、中でも籠場[かごば]の滝がみどころ。渓谷の一部は、磐越東線の車窓からも見られる。

住所

福島県いわき市小川町・川前町地内

交通

JR江田駅→徒歩30分で籠場の滝

ドライブ

常磐道いわき中央ICから国道399号、県道41号経由25km40分

料金

見学自由

営業時間

散策自由

定休日

散策自由

問合せ先

0246-23-0122(いわき市総合観光案内所)

磐城 平城本丸跡地

磐木平城 本丸跡地((一社)いわき観光まちづくりビューロー)

磐木平城 本丸跡地((一社)いわき観光まちづくりビューロー)

いわき駅北の台地が城跡。慶長7年(1602)、丘陵を削り、難工事の末に完成。戊辰戦争の際に倒幕派に攻められ、当時の家老自ら城に火を放ったため、今は石垣と堀の一部を残すのみだ。塗師櫓石垣は市の史跡に指定されている。現在は東日本大震災の影響により半分程崩落している。

住所

福島県いわき市平字旧城跡地内

交通

JRいわき駅→徒歩10分

ドライブ

常磐道いわき中央ICから国道49・6号経由15分

定休日

イベント開催時のみ開園

問合せ先

0246-23-0122(いわき市総合観光案内所)

中釜戸のシダレモミジ

 ((一社)いわき観光まちづくりビューロー)  ((一社)いわき観光まちづくりビューロー)

((一社)いわき観光まちづくりビューロー)

中釜戸の観音堂の傍らにある。大小2本の巨木は樹幹がねじ曲がり、傘を広げたような形に枝が枝垂れる。昭和12年(1937)国の天然記念物に指定された。例年11月下旬ごろに見ごろを迎え、オレンジから赤色へとグラデーションに染まる。

住所

福島県いわき市渡辺町中釜戸字表前117-2

交通

JR泉駅→車10分

ドライブ

常磐道いわき湯本ICから県道14・240号経由8km15分

料金

見学自由

営業時間

散策自由

定休日

散策自由

問合せ先

0246-23-0122(いわき市総合観光案内所)

勿来の関跡

   桜の時期の勿来関 

紀貫之、小野小町、和泉式部、西行法師といった、馴染み深い歌人が和歌に詠んだ歌枕で、多くの文学作品にその名が残されている。太平洋を見下ろす丘陵には、歌碑をはじめ文学碑が10数基ある。周辺一帯は県立自然公園に指定されており、いわき市勿来関文学歴史館(料金:320円、時間:9時~16時30分、休み:第3水曜、祝日の場合は翌日、1月1日)がある。

住所

福島県いわき市勿来町関田長沢6-1

交通

JR勿来駅→車5分

ドライブ

常磐道いわき勿来ICから国道6号経由7km15分

料金

見学自由

問合せ先

0246-65-6166(勿来関文学歴史館)

三崎公園 いわきマリンタワー

展望室からはいわき市内を一望できる 

展望室からはいわき市内を一望できる

小名浜港近くの太平洋に突き出た三崎公園。総面積約70万平方mの園内にある高さ約60m、海抜106mのいわきマリンタワーにはガラス張りの展望室があり、太平洋が望める。

住所

福島県いわき市小名浜下神白字大作111

交通

JR泉駅→新常磐交通バス小名浜経由江名行きで20分、バス停:神白下車、徒歩17分

ドライブ

常磐道いわき湯本ICから県道14号経由16km35分

料金

マリンタワー入館320円、中・高・大学生220円、小学生160円

営業時間

9~17時(夏季営業時間延長あり、要問合せ)、入館は30分前まで

定休日

第3火曜(祝日の場合は翌日)、8月は無休

問合せ先

0246-54-5707(いわきマリンタワー)

遊ぶ

スパリゾートハワイアンズ

全天候型のドーム屋根に覆われたウォーターパーク     ポリネシアンショー 

全天候型のドーム屋根に覆われたウォーターパーク

東京ドーム約6個分の広大な敷地に、遊園地のような温泉プールや江戸情緒薫る浴場でしっとりと過ごせる裸浴ゾーンなど、5つのパークが揃う常夏の温泉天国。なかでも人気の「ウォーターパーク」には趣向を凝らした3種のスライダーが揃い、迫力満点だ。映画『フラガール』の舞台で、名物のポリネシアンショーも楽しもう。

住所

福島県いわき市常磐藤原町蕨平50

交通

JR湯本駅→送迎バス15分

ドライブ

常磐道いわき湯本ICから県道14号経由2km3分

料金

入場大人3500円、小学生2200円、幼児1600円

営業時間

9時30分~22時15分、土・日曜、祝日は9時~22時15分、季節による変動あり(要問合せ)

定休日

無休(メンテナンス休業あり)

問合せ先

0570-550-550

いわきデイクルーズ

安定性のある双胴遊覧船「ふぇにっくす」118トン165人乗り 2階デッキ有  船を追いかけ餌をねだるカモメやウミネコへの餌付け体験も楽しい  全長1000mの迫力ある港横断橋の真下を潜る 

安定性のある双胴遊覧船「ふぇにっくす」118トン165人乗り 2階デッキ有

いわき・ら・ら・ミュウの目の前から出発する観光遊覧船に乗って、たっぷり50分の湾内クルーズへ出かけよう。予約不要で毎日10~16時に1時間ごとに出航している。かもめの餌付け体験が好評。隣接の埠頭に水族館もあり、観光拠点となっている。全長1000mの港横断橋の真下を通る迫力も楽しめる。

住所

福島県いわき市小名浜辰巳町43-1 いわきららミュウ

交通

JR泉駅→新常磐交通路線バスで、バス停:支所入口下車、徒歩10分

ドライブ

常磐道いわき勿来ICから30分。または常磐道いわき湯本ICから30分

料金

小名浜湾内めぐり航路乗船1800円、小学生900円、幼児400円

営業時間

10~16時(季節により最終便変更あり)

定休日

不定休(いわきららミュウ休館日)

問合せ先

0246-54-7600

道の駅 よつくら港

外観 

外観

1階は地元の新鮮野菜や加工品を取り揃えた直売所、2階はフードコートになっており、テラス席からは太平洋を一望でき、豊かな眺望を眺めながら食事が楽しむことができる。

住所

福島県いわき市四倉町5-218-1

交通

JR四ツ倉駅→車5分

ドライブ

常磐道いわき四倉ICから5km15分

営業時間

直売所9~18時、フードコート10~18時

定休日

第3火曜(祝日の場合は営業)

問合せ先

0246-32-8075

  • 情報提供:JTBパブリッシング

  • 情報は変更になっている場合がございます。お出かけ前に必ずご確認ください。

  • 各施設の掲載情報は、目安として通年情報を掲載しています(お盆や年末年始の休み・臨時休業は原則として含まれていません)。また、季節・イベント等により変更されることがあります。

  • 地図上の各スポットの位置情報に関しては、ずれが生じる場合もございますので目安としてご利用ください。

  • 各施設の利用料金は、特記のない限り大人料金を記載しています。

  • 営業時間の最終時刻は、特記以外は原則として閉館・閉店時間です。入館やラストオーダー可能の時刻は、通常30分~1時間前となりますので、ご注意ください。

  • ドライブ・バス・徒歩などの所要時間は、いずれも目安です。実際の所要時間は諸条件により異なることをご了承ください。

おすすめプラン

  • レギュラープラン【かんぽの宿いわき】2018年4月~

    レギュラープラン【かんぽの宿いわき】2018年4月~

    料金

    11,000円~
    (1室2名様以上利用、お1人様1泊2食)

    期間

    通年
    (※販売除外日あり)

  • 【とっておき!秋の料理フェア】グルメアワード出品料理「秋の夜の山海包み焼き」を味わえる『ゆうなぎプラン』をお得な価格でご提供!更に4大特典付き

    【とっておき!秋の料理フェア】グルメアワード出品料理「秋の夜の山海包み焼き」を味わえる『ゆうなぎプラン』をお得な価格でご提供!更に4大特典付き

    料金

    11,100円~(1室2名様以上利用、お1人様1泊2食)

    期間

    2017年10月1日~4日,10日,11日,30日,31日

  • WEB限定【10月~12月】1日10組限定!1泊朝食付きプラン(1室2名様~)

    WEB限定【10月~12月】1日10組限定!1泊朝食付きプラン(1室2名様~)

    料金

    6,900円
    (1室2名様以上利用、お1人様1泊朝食)

    期間

    2017年10月1日~12月27日
    ≪販売除外日≫
    土曜日、10月8日、11月3日

  • 【冬キャン】【選べる鍋!】不動の一番人気!☆あんこう鍋プラン☆

    【冬キャン】【選べる鍋!】不動の一番人気!☆あんこう鍋プラン☆

    料金

    12,000円~(1室2名様以上利用、お1人様1泊2食)
    ※ご予約は2名様から承ります。

    期間

    2017年12月1日~2018年2月28日
    (※2017年12月31日~2018年1月2日を除く)

  • 【選べる鍋!】ちょっと贅沢!☆福島牛とうつくしまエゴマ豚しゃぶプラン

    【選べる鍋!】ちょっと贅沢!☆福島牛とうつくしまエゴマ豚しゃぶプラン

    料金

    14,000円~(1室2名様以上利用、お1人様1泊2食)
    ※ご予約は2名様から承ります。

    期間

    2017年12月1日~2018年2月28日
    (※2017年12月31日~2018年1月2日を除く)

  • 【冬キャン】☆12月限定☆【選べる鍋!】鍋の定番!☆海鮮鍋プラン☆

    【冬キャン】☆12月限定☆【選べる鍋!】鍋の定番!☆海鮮鍋プラン☆

    料金

    12,000円~(1室2名様以上利用、お1人様1泊2食)
    ※ご予約は2名様から承ります。

    期間

    2017年12月1日~30日

    かんぽの宿 いわきへのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    0246-39-2670

    かんぽの宿 いわき

    住所:〒970-0103
    福島県いわき市平藤間字柴崎60
    FAX:0246-39-2672
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時