春の訪れは梅見から

季節のお便り

春の訪れは梅見から

2019年2月2日

◆ピンクの梅の花言葉は「清らかさ」◆

冬から春へと変わる時期に凛と咲き、
可憐で奥ゆかしさを感じさせてくれる花「梅」に魅せられている単純女子Kです。
細い枝についた蕾がぷっくり膨らんできているのを見るとつい口元がほころんでしまいます◎
一輪ごとに違うお花の表情が可愛らしくて、思わず写真を撮ってしまいます。

当宿から車で約10分の場所にある冠山総合公園「梅の里(冠梅園)」は山口県内有数の梅園です!瀬戸内海が一望できる丘に約100種2,000本の梅が咲き誇り、春の訪れを感じさせてくれます。

毎年、大勢の見物客で賑わう同公園の「梅まつり」、
今年は、2月16日(土)から3月10日(日)まで開催されます!
期間中の土・日曜日は、フリーマーケット、演奏会、お茶席や飲食の屋台など、盛りだくさんのイベントが予定されていますよ!!
隣接の冠天満宮にお参りした後には、冠梅くじもひいてみましょう!

暖冬といわれる今年の梅の見ごろは、2月中旬頃とのこと。
梅の香りに誘われながら気ままに歩いてみませんか?

そして、当宿レストランでは今年も「梅まつり」にちなんだお弁当の販売を予定しています。
どうぞお気軽に当宿にもお越しください。

【お問い合わせ先】
冠山総合公園管理事務所
電話:0833-74-3311

◆白い梅の花言葉は「気品」「厳かな美」「薫り」◆

同じカテゴリの新着記事

    かんぽの宿 光へのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    0833-78-1515

    かんぽの宿 光

    住所:〒743-0005
    山口県光市室積東ノ庄31-1
    FAX:0833-79-1279
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時