スタッフいち押し!

かんぽの宿恵那から見える、あれ!?の謎にせまる

2018年7月24日

当宿のロビーでは、眼下に広がる恵那峡を眺むことができ、のんびりとくつろいでいただくことができます。
恵那峡を眺めていると、一際目立った橙色の山肌が目につきます。今回はこの謎に迫ります!!!

橙色の山肌の部分は「紅岩」と言われ県指定の天然記念物です。「紅岩」までは山道を歩いて山頂まで行くことが出来ます。

登り口、は満月参りにお参りすると願いが叶うと言われる「天佑山大洞院 天佑稲荷」から登ります。登り始めて約15分もすると「紅岩」に到着。「紅岩」からは、恵那峡や恵那市が一望でき、そよ風が吹いて、とても気持ちが良かったです。次回は、お弁当を持参しようかなと思うくらい景色が良かったです!

そして気になっていた橙色の正体の確認できました!!
正体は・・・・

「ダイダイゴケ」

綺麗な橙色の苔が岩一面に生えていました。

「紅岩」には鎖や柵などないため、岩に上るのは危険です。雨などで地面が濡れている日はすべりやすいので、天気の良い日に登ってください。また、「山道を歩くので履きなれた歩きやすい靴で行くこと」をおすすめします。

「紅岩」の登り口がある「天佑山大洞院 天佑稲荷」までは、当宿より車で約7分、約5kmの距離です。「ダイダイゴケ」の観察や、恵那峡をパノラマで楽しめるおすすめスポットです!

当宿のロビーから撮影しました。「紅岩」は観覧車の左です。
お客さまから「山にある「あれ!」ってなんですか?」と、質問をよく耳にしますので見に行ってきました。

紅岩の「ダイダイゴケ」の撮影のつもりが景色に見惚れてしましました。
写真には「かんぽの宿恵那」も映っています!どの建物かわかりますか??

同じカテゴリの新着記事

    かんぽの宿 恵那へのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    0573-26-4600

    かんぽの宿 恵那

    住所:〒509-7201
    岐阜県恵那市大井町2709
    FAX:0573-26-4678
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時