季節のお便り

「クリーン阿蘇」に参加しました!

2017年8月30日

みなさまこんにちは!ブログ担当のおてもやんです。
夏休みはどこかお出かけになりましたか?

涌蓋山登山道入口に集合!

短時間で、こんなにゴミが!

去る8月20日、全国一斉の「自然公園クリーンデー」に伴い、「クリーン阿蘇」に総支配人と二人で参加しました。

今年は阿蘇郡小国町と大分県の県境に位置する涌蓋山(わいたさん)の登山道入口付近での清掃でした。

清掃作業のかたわら、一緒の班になった方々から、「これはオオルリシジミの幼虫のえさになるクララだよ」「阿蘇には、裏白(ウラジロ)は生育していないんだよ」など私の知らない阿蘇について、いろいろなことを教えていただきました。

約1時間の清掃でしたが、たくさんのゴミを拾い集め、これで阿蘇を訪れていただくお客さまに少しでも気持ちよく過ごしていただけると思うと気分爽快でした。

涌蓋山の麓には、別府温泉のように地面から温泉の蒸気が吹き上げている「はげの湯温泉」があります。その景色も見応えがありますよ。

今回の作業に参加して、涌蓋山の場所を初めて知りました。阿蘇に住んでいながら行けていない場所や知らないことがまだまだたくさんあります。阿蘇は広いです。これからも阿蘇の見所などお客さまにご紹介していきますね。

ちなみに、涌蓋山は大観峰付近から見ると阿蘇五岳と反対側に位置し、富士山のような形をした山ですので、是非見つけてくださいね。


◇ オオルリシジミは瑠璃色の羽が特徴のチョウチョで4月~5月頃に阿蘇の草原で見ることができます。

 オオルリシジミの幼虫が食べる「クララ」という草原植物は、根をかむと目がくらむほど苦いのが名前の由来だそうです。 放牧されている牛は、クララを食べないため放牧地に生育し、オオルリシジミが生きていけるそうです。オオルリシジミは絶滅危惧種として、レッドデータブックに掲載され、熊本県の指定稀少野生動植物種として保護されているので、採取は禁止されています。阿蘇は改めて大自然の博物館であり、まさにジオパークそのものだと感じます。

◇ 裏白(ウラジロ)はお正月に供えるシダ植物です。

※ 当宿から涌蓋山(わいたさん)登山道入り口まで約43km 車で約1時間です。

同じカテゴリの新着記事

    かんぽの宿 阿蘇へのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    0967-22-1122

    かんぽの宿 阿蘇

    住所:〒869-2612
    熊本県阿蘇市一の宮町宮地5936
    FAX:0967-22-3586
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時