イベント・観光

江戸時代から続いている有馬温泉の伝統行事?!

2020年1月8日

みなさま、こんにちは☆
お正月はいかがお過ごしでしたか?

有馬温泉では、1月2日に入初式(いりぞめしき)が行われました。
この日の有馬は、朝からいつにも増して多くの人で賑わっていました!!

入初式は江戸時代から続いている伝統行事で、
有馬温泉を発見された大己貴命(おおなむちのみこと)、
小彦名命(すくなひこなのみこと)と、
有馬温泉を再興された恩人である行基菩薩・仁西上人に、
報恩と温泉の繁栄を祈念して行う儀式です。
また、有馬の芸妓が扮する湯女の練行列や湯もみ等を行う、新春を寿ぐ行事でもあります。

入初式は『神戸市地域無形民俗文化財』として認定されているそうです!!

今年は、有馬温泉の伝統行事を見ることができ、良き新年を迎えることができました。
今年は見逃した!という方も、来年はぜひ直接ご覧にいらしてください◎

入初式を見届けたあとは、有馬温泉の名湯“金泉”に浸かって身体を温めてください。

同じカテゴリの新着記事

    かんぽの宿 有馬へのお問い合わせはこちら

    インターネットでの
    お問い合わせ・資料請求

    ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ

    お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

    078-904-0951

    かんぽの宿 有馬

    住所:〒651-1401
    兵庫県神戸市北区有馬町1617-1
    FAX:078-904-1009
    チェックインタイム:15時
    チェックアウトタイム:10時